余震に怯えながらの一週間が過ぎました

ようやく余震も落ち着いてきましたね

ご心配頂いた 震源地近くの倉庫 アンティークは無事でした
横向けに立てかけていたドアは 全て反対側に倒れていましたが
少し触っただけでグラグラするほど不安定に積んでいた照明器具は
何事も無かったかのように重なっていました
どうして??
b0300333_12250352.jpg
そして ドアと壁の間に置いていた壷たちも倒れてはいましたが
ギリギリの空間の中で 自分で安全な場所を探したかのように上手く難を逃れ
重いドアに押し潰されること無く 元のままの姿でいてくれました

地震後 全てのものを固定しようかと思いましたが
この様子を見ると ある程度の`あそび`も必要なのかしら・・・と思ったり
どうなのでしょう 偶然でしょうか


さて 大きな震災などがあった後は
詐欺の電話や悪徳宗教やカルト団体の勧誘も多いそうです
本当に怖い思いをした時って救いを求めてしまうかもしれませんね・・・
気をつけなくちゃ!!





fragment











[PR]
# by fragmentum | 2018-06-26 12:55 | | Comments(0)

ご心配をおかけしました

6月18日(月)午前7時58分
大阪府北部で発生した地震で被災された方々に
心よりお見舞い申し上げるとともに
亡くなられた方とそのご家族には お悔やみを申し上げます

今もまだ雨や余震に不安な時を過ごされていると思います
一刻も早く元通りの生活に戻れますように・・・
心から願っておりますが ご家族を亡くされた方は
そんなこと 永遠に無理ですよね・・・
それでもやはり願わずにはおれません
今は無理でも 少しでも心穏やかな日が来ますように・・・


多くの方にご心配頂きましたが
お蔭様で我が家は大丈夫です
ご連絡を下さった皆様 ありがとうございました
本当に嬉しかったです

前日の17日(日)夜はとても疲れていたのですが
何故か眠れず明け方まで起きていました
18日朝はアンティークの写真を撮るつもりだったのですが
寝坊してしまい シャワーを浴び部屋に戻ったところで地震に遭いました

目の前にある1700年代のガラスの花器だけは守りたいと思いつつ
身体が動かずに 前後に動いている花器をただ見ているだけ
隣のアンティークの部屋からは 揺れている間中
ガシャンガシャンと何かが壊れる音が響いてきました

揺れが収まって隣の部屋に行くと 大きなドアが倒れて
アンティーク達を薙ぎ倒して床に落とし 下敷きにしていました
散乱していたのはキャリアオイルを入れたフラコン や香水瓶など・・・
とても大切な物ばかりで 息が止まりそうでしたが 奇跡的にどれも無傷でした
しかも蓋も閉まったままでオイル漏れもありませんでした

T字路になっている通路の突き当たりに立てかけていた
高さ160cm位あるアルモワールミラーも反対側に倒れていました
ミラーの両肩部分が通路の両側の壁に激突し めり込んで止まっていましたが
こちらも奇跡的に中央のロカイユの部分はどこにも当たることなく無事でした

古物って長い時間を生き抜いてきただけのことはあって
いつも奇跡的に壊れないことが多いな と思っていましたが今回も・・・

他のドアも倒れてはいても 近くにあった古物にはぎりぎり当たらず
片付けようと思っていたお布団の上にきっちりダイブしてくれていたり
そして 80cmほどの高さの石膏の女性像は 前に倒れていれば全損だったところ
横に倒れ カーテンを巻き込んで椅子にもたれ掛かるように立っていました

東西南北全ての壁際にアンティークが並んでいましたが
とても不思議なことに 今回の揺れでは
全部が動いたわけではなく 壊れない物だけが倒れていました
割れ物は 20cm位の幅のところに乗っていたものも落ちていなかったのです
本当に不思議・・・これが古物の力でしょうか


ただ何点か欠けた物もありました
フレームやマリア像など・・・
でもこれらは私が横着な置き方をしていたものばかり

アンティークって自分のものであって自分のものではなくて・・・
これから何百年と受け継がれていくべきものを 対価を支払って
ほんのひと時お借りしているものだと思っています
それなのに・・・自分の不注意でと思うと落ち込みます

もしも寝坊していなければ・・・
ドアの前で写真を撮る予定だったので 怪我をしたかもしれません
物なんていつかは壊れるものかもしれません
亡くなった方や怪我をされた方もいらっしゃるので
ショックだなんて言っていられません
でも二つと無いものを自分の不注意で壊してしまうなんて

奇跡的に怪我もせず アンティークの破損も僅かで済み
こんな事で落ち込むなんて 被災された方に失礼ですよね
そう思って3日が経ち 少し日常が戻ってきました

心配してくださった方 ありがとうございました





fragment











[PR]
# by fragmentum | 2018-06-21 11:13 | | Comments(0)

白いラベンダー

b0300333_13452322.jpg
学名はちゃんと "Lavandula angustifolia" です
姿も香りもちゃんと "angustifolia"

アロマテラピーでは それぞれの精油で植物の学名が決まっています
"Lavandula angustifolia" は「真正ラベンダー」として使ってもよい
3つの学名のうちの1つなのです



More
[PR]
# by fragmentum | 2018-06-11 16:20 | アロマテラピー | Comments(0)

ようちゃんへ

b0300333_12412301.jpg




fragment

[PR]
# by fragmentum | 2018-06-10 12:40 | | Comments(0)

1800年代のシルクのチュール

b0300333_11543137.jpg
先週末 お越しくださったお客様と
「儚いね~いいね~」「儚いね~素敵~」と盛り上がったチュール
1800年代の中頃以前のシルクのチュールは
デッドストックだったようで 染みもなく素晴らしいのですが
なんせ古いシルク 傷んでいる部分もあります



More
[PR]
# by fragmentum | 2018-06-07 12:31 | アンティーク | Comments(0)


メゾンダールの<Art de Vivre>アンティークを日々の生活に・・・++++++++++++++++               アロマテラピー ルドゥテ      Atelier d’aromathérapie Redouté          アンティーク ガエル Antiquité Gaëlle             maison.dart@outlook.jp


by fragmentum

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
アンティーク

creacollage
Paris

アロマテラピー

昔のコレクション

建築家
cinema

アンティークを海外から取り寄せる
ファン申請してくださった皆様へ
ごあいさつ
未分類

France

最新のトラックバック

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

最新の記事

余震に怯えながらの一週間が過..
at 2018-06-26 12:55
ご心配をおかけしました
at 2018-06-21 11:13
白いラベンダー
at 2018-06-11 16:20
ようちゃんへ
at 2018-06-10 12:40
1800年代のシルクのチュール
at 2018-06-07 12:31

フォロー中のブログ

GALLERY GRAC...
ODORANTES fl...
アンティークでノスタルジー
Secret Guard...

画像一覧